ホーム > お知らせ

お知らせ

  • 2018.4.06
    お知らせ
    メディア情報
    栃木

    「家賃が実る家」が北関東にて初の内覧会を開催します!

    「家賃が実る家」は、マイホームの夢を応援し、あらゆる人がマイホームを取得できるカタチを作り上げたものです。これまでの「住まい」の選択肢であった「マイホームを買う」「賃貸に住む」からさらに先に進んだ「借りてマイホームにする」という、第三の選択肢を可能とした、まったく新しい住宅取得のシステムです。
    お客様がプランニングした新築戸建住宅を、地元の加盟店様が建築し、お客様が一定期間借りて、家賃を支払うことで、その土地・建物が将来自分のモノになる、という住宅ローン審査を必要としない画期的なモデルです。不動産投資家様には、定住していただくことを条件にすることで、利回りを高く一定にし、収益を上げることが可能となります。
    入居をお考えの方にはもちろん、今後減少が予想されている新築住宅建築を営む方、不動産投資家または不動産投資をお考えの方など、幅広くご内覧いただきたくご案内いたします。

     


    【家賃が実る家 内覧会開催日程】
    ■開催日程/2018年4月21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)
    ■開催場所/栃木県日光市今市1210-24
    ■開催時間/AM10:00〜PM17:00
    ※ご予約は不要です。
    ※当日現地連絡先/080-3330-9180(斉藤)

    【物件詳細】
    ■プランの特徴/山小屋をイメージした遊び心あるデザインのコンパクトハウス。
    屋根裏や階段下のスペースを有効に活用し、フレキシブルな収納を可能にした
    ひろびろリビングの3LDKタイプです。

    【家賃が実る家/会員登録数】
    「家賃が実る家」のシステムは、入居希望者・加盟店・投資家の皆さまにウェブ登録をいただいております。2018年4月5日現在登録数は、入居希望会員様3,498人、加盟店様9社、投資家様269人となっております。

    新しい住宅取得のカタチ『借りながら持ち家にする賢い選択。家賃が実る家』の北関東初となるモデルハウス内覧会および「家賃が実る家」のシステムなどについて、ぜひお問い合わせ・ご取材をお待ちしております。
     

     

  • 2018.4.02
    お知らせ

    「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加します!

    東日本大震災から7年が経ちました。

     

    震災により大きな被害を受け、今もなお、さまざまな形で被害を受け続けている福島県の「復興のシンボル」として生まれた「福島ひまわり里親プロジェクト」。

    北海道から沖縄まで46都道府県、アジア各国の企業や団体・教育機関などがこのプロジェクトに参加しているなか、残念ながら秋田県からの参加は今までありませんでした。

     

    そこで、リネシス株式会社が先頭に立ち、「福島ひまわり里親プロジェクト」を普及させるべく、

    秋田本社をはじめ、大曲店・横手店・短期入所生活介護施設 ショートステイだんだん から、プロジェクトに参加いたします。

     

    プロジェクトの進捗はコーポレートサイトや賃貸ホームページからもご覧いただける予定です。

    今年の夏、リネシス株式会社の各店にて大きく育ったひまわりをぜひお楽しみください。

  • 2018.2.05
    メディア情報

    メディア掲載情報【全国賃貸住宅新聞】

    2018.2.5「全国賃貸住宅新聞」で弊社の「譲渡型賃貸住宅 家賃が実る家」を活用した福利厚生システムが紹介されました。

  • 2018.2.05
    お知らせ

    イクボス宣言しました!

    2018年1月、弊社代表の森裕嗣をはじめとした役員・管理職6名が「子育て応援リーダー宣言」として「イクボス宣言」をいたしましたので、お知らせいたします。

     

    「イクボス」とは職場でともに働く部下・スタッフのライフワークバランス(仕事と生活の両立)を考え、
    その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)を指します。

     

    弊社はダイバーシティ企業として、今後もそれぞれがイキイキと活躍できる職場づくりに取り組んでまいります。

  • 2018.1.27
    お知らせ

    紀伊國屋群馬前橋店ビジネス書週間ランキング4位!

    2017年6月に発行された弊社代表 森裕嗣2冊目の著書「日本初!地方を救う譲渡型賃貸投資ガイド」が
    紀伊國屋 群馬前橋店にてビジネス書週間ランキング4位となりました。

  • 2018.1.21
    メディア情報

    メディア掲載情報【リサーチ&レビュー】

    2018.1.21「リサーチ&レビュー」で弊社の「譲渡型賃貸住宅 福利厚生制度」が紹介されました。

  • 2018.1.21
    メディア情報

    メディア掲載情報【はかどるタイム】

    2018.1.21「はかどるタイム」で弊社の「譲渡型賃貸住宅」が紹介されました。

  • 2018.1.19
    メディア情報

    【プレスリリース配信】「マイホームがもらえる会社」福利厚生システム導入企業 募集開始のお知らせ

    このたび、弊社が運営しております『譲渡型賃貸住宅 家賃が実る家』のシステムを、
    地方の中小企業様向けに『譲渡型賃貸住宅』を福利厚生として導入するサービスの提供を開始、
    同時に導入企業様を、栃木・群馬・福岡・秋田の各県にて限定30社の募集を開始いたしましたのでお知らせいたします。

     

    【サービス導入により期待される効果】
    ●人口減少による人材不足の解消(採用力強化・離職抑止)
    ●導入企業による、定住や移住を促進する社会貢献(定住・移住促進)

     

    【譲渡型賃貸住宅について】
    『譲渡型賃貸住宅』とは、新築戸建住宅に、10年〜28年の期間、賃貸で住み続けることにより、
    契約満了時に土地と建物が自分のものになる、新しいマイホーム取得方法。
    2017年7月に事業スタートし、2018年1月現在、入居希望の会員数は3,261名。

     

    【内容】
    リネシス株式会社が提供するサービスを企業が導入し、譲渡型賃貸住宅を社員に提供することにより、
    その企業に勤める社員の離職抑止と採用力強化、採用した従業員の長期雇用を促進するのが狙い。
    企業が、将来従業員の持ち家になる『譲渡型賃貸住宅』を提供することで、勤務地への移住定住を促進し、
    企業と地域がともに発展することにつながっていくと考えます。
    このサービスの提供は、生産人口の一極集中を解消し、地方の労働力確保の一助として役立てていただくものです。
    企業が支給する「住宅手当制度」は、単月の住宅費の補填のため、賃貸以外では支給されず、社員の資産形成にはつながらないのが一般的。
    本サービスを導入することは、社員の資産形成を支援していくことにもつながります。
    企業としては、このような導入支援サービスを活用することで手軽に導入でき、社員の離職抑止とともに定着率を高め長期の就労を促し、
    優秀な人材の確保や人材の育成を中長期の計画のもとに行っていくことが可能 となります。

     

    プレスリリース配信元:リネシス株式会社

     

  • 2018.1.19
    メディア情報

    メディア掲載情報【産経ニュース】

    2018.1.19「産経ニュース」で弊社の「譲渡型賃貸住宅」が紹介されました。

  • 2018.1.19
    メディア情報

    メディア掲載情報【exciteニュース】

    2018.1.19「exciteニュース」で弊社の「譲渡型賃貸住宅」が紹介されました。

     

1 / 712345...Last »